みんなで考えよう、保育所の待機児解消・・第1回目開催しました。

2010年10月19日 16時21分 | カテゴリー: 活動報告

報告 中村みほことおしゃべりタイム

10月18日に開催したNO.1には生後3か月の赤ちゃんとママも参加してくれました。上のお子さんの認可保育所入所も大変だったので、平成24年4月の職場復帰に向けて妊娠中から心配だったという切実な思いを伺いました。育児休暇制度があっても女性が安心して子どもを産むことができない、これも少子化に拍車をかけている原因のひとつです。女性が仕事をすることが当たり前になった今の時代、親として子どもの成長を楽しむことができる、心に余裕のもてる柔軟な働き方と生活の保障がされるべきだと思います。国ではすべての子どもへの良質な成育環境を保障するために「子ども・子育て新システム基本制度案」をもとに作業グループで、幼稚園・保育所の一体化や様々な就労状況に応じる公的保育サービスの検討が進められていますが、大きな財源が伴うものです。
10月21日菅首相直属の「待機児童ゼロ特命チーム」が発足。
即効性のある具体策を検討し、年内にも方向性を固めようとしています。
これからの議論を注視しながら意見をあげていくことも必要です。

今後の活動に参加を希望される方は稲城ネットまでご連絡ください。稲城の実情に合った待機児解消対策をみんなで探っていきましょう。