決意

2011年4月17日 00時00分 | カテゴリー: 活動報告

3月11日に発生した東日本大震災の余震がいまだに続いています。福島第一原発での事故の影響はここ稲城でも、乳児への水道水の摂取制限という事態を招き、原発の危険を身をもって感じています。「安心・安全に暮らす」ために、今こそ自然エネルギー政策へシフトすべきです。また、どんなときにも、声を掛け合える人と人との顔の見える地域づくりの大切さを、実感しました。人とつながる、地域とつながる、温かいまち稲城を目指して、頑張ります。