障がい者の就労支援

2014年12月25日 16時23分 | カテゴリー: 活動報告

障がい者の就労支援

まずは「稲城市障害者就労支援センター マルシェいなぎ」にご相談ください。

 

■マルシェいなぎ 

 地域開拓促進コーディネーターを今年度設置。障がい者雇用率未達成の企業に働きかけます。

平成25年度 

利用登録者数 129名(身体-17、知的-78、精神-37、手帳なし-2)

新規就労者数 25名(身体-2、知的-14、精神-10)

 ①    就労準備支援 

②    就労定着支援・生活支援 

③    雇用主支援   ④  家族支援

 得意・不得意や生活状況のアセスメント チャレンジ実習や東京障害者職業センターなどでの訓練 履歴書作成支援 ハローワークの求人票の確認 面接の練習 採用面接の同行 就労後定着支援(ジョブコーチによる作業指示書、就労先同行でトラブルの未然防止)

 

●障害者就業・生活支援センター(都内6か所設置)

 就労相談、職場・家庭訪問等  

 

●東京障害者職業センター

 障がい者職業カウンセラー(職業リハビリテーション専門職員)を配置

 個人の職業能力の評価復職に向けたリワークプログラム、職業選択の相談、職業訓練・講習。事業主や障害者就労支援機関(大学などの学生就労部からの新卒者相談など)に対する相談・情報提供・助言。

 

●ハローワーク

 障がい者求職登録、ケースワーク方式で職業相談員が相談、紹介、職場適応指導を実施。